会社員だからできる1番リスクの少ない副収入を得る方法

Work
スポンサーリンク

まだまだコロナの影響で社会経済が低迷しているなか、僕は企業に属しているのでカットはされているけれど安定的に収入は入っていきています。しかし最近は企業に属していることすら安定と考えられなくなってきて、さらには会社員の弱点なども見えきているのでこの状況を改善した方が良いのではないかと考えています。

スポンサーリンク

1.個人の収入の考えも、企業同様に複数あるべき

会社員の収入は副業などをしていない限り、会社からの給料だけで成り立っています。これは企業でいうと売上の100%がA社からのみということと同じです。この状況は企業の場合、あまり良くない状況だと思います。よく言われるのが起業する場合は、複数の収入(クライアント)を均等に持つことが必要と言われています。個人に置き換えると、収入源は複数持つ必要があるということです。

会社員のメリットこそが弱点

企業に属することで得られるがメリットかもしれないですが、逆にそのメリットこそが最大の弱点になりうる事になります。

・弱点その1【安定】

昨今の世の中ではコロナの影響で大企業も倒産する会社があります。入社するときには、まさか倒産するとは思ってもいなかったでしょう。しかし企業の安定に胡坐をかいていると、いざ倒産した時に、収入はなくなり不安になってしまいます。タイトルにもあるように【安定】こそが弱点になります。僕たち会社員は良い企業に属することが【安定】いや【安泰】だと思ってきましたが、昨今では世の中の情勢により倒産したり、新規参入企業により市場崩壊がおこなわれ【安泰】と思われていたポジションですら危うくなってきています。

・弱点その2【仕事がある】

仕事があることはとてもいいことです。しかし会社がなくなってしまったときに全くの0ベースから仕事(収入源)を作り上げるのってかなりの労力を要します。企業にぞくしていると「仕事は自分で撮ってくるものだ!」とか「仕事は自分で作れ!!」なんて言われますが、これは会社という土俵があるからこそできることです。もし我々はが会社をやめて何もなくなったら土俵もなくなり仕事を作ることすら困難になります。

・弱点その3【収入の限界】

会社員はどんなに頑張ったところで収入の限界があります。自分より役職が上の人がいる以上、その人より多く収入をもらうことなんてできないのです。要するに僕たち会社員は所属している企業の社長が年収1000万もらっていなければ、僕たち従業員が年収1000万もらうことなんて不可能ということです。そして会社のものさしで測られ給料やボーナスを査定される。その中に忖度さえあるわけで会社の給料が良いとはいえ限界があります。

2.会社員という立場をうまく活用しよう。

「会社員という立場をうまく活用しよう」というと語弊を生みますが、会社員は毎月給料が入り急に収入が途絶えることはないので、その状況のなかで如何に収入に繋がること収入源を作ってみることが大切ということです。いきなり会社やめて起業します。とかだと収入がないのにリスクがありすぎるの、定期的な収入がある会社員だからこそ、ノーリスクでチャレンジができます。

まずは手始めに簡単にできることから

会社員だいたいが週休2日・祝日がお休みなので、まずは休日のできることからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

・登録制のアルバイト

登録制なので自分が出勤できる時だけ働けばいいので、平日働いている会社員にはちょうどいいですね。しかし、休みの日は家にいたいという人にはおすすめしません。30歳過ぎると土日にやすまないと週明けの仕事に響くので体力に自信があり、行動力のある人におおすすめです。

・オークションやフリマアプリ

自分の身の回りでいらないものなどをどんどん売ってみると意外と売れます。身の回りの整理をしつつ収入につなげるので一石二鳥になります。オークションやフリマアプリは身の回りのものを売って、コツをつかんだら転売や中国輸入など一歩先にいけばもっと収入を得られるようになります。ちなみに僕も昔やっていましたがコツをつかんだら、そこそこな利益がでました。

・ウーバーイーツ

ウーバーイーツも自分の働きたいときに、働けるので副業には適しているのではないでしょうか?緊急事態宣言がでたとき、世間は巣ごもり生活になっていたので外食をせずウーバーイーツで頼む人が増えとても需要があったと思います。まだまだ需要はあるので自転車が運動がてら収入を得るのもいいのではないでしょうか?

3.僕がオススメする収入源はブログアフィリエイト

なぜかというと、やり方によっては収入が数十万とか百万単位で稼ぐことができ、仕組みを構築してしまえば自動収益に繋げることができるからです。上記で挙げた登録制アルバイトやウーバーイーツなどの副業はあくまでも時間を拘束され誰かに雇われているので決まった時給で決められた作業をするいわゆる労働です。しかしブログ収入は誰でもすぐ稼げるわけではありません。

簡単に稼げない理由は・・

知識と根気が必要だからです。もちろんお金払ってコンサルに依頼すれば知識はつくかもしれませんが、記事を書くというのは非常に根気がいります。そして書けばすぐ収入につながるわけではありません。まず初心者がぶつかる壁は下記かなぁと思います。

・サイトの立ち上げ

ブログを収入に繋げるには無料のブログ(アメブロなど)ではNGです。有料サーバーを契約し、ドメインを購入し、Wordpressなどで記事を書かないといけません。さらに細かい設定も必要です。※ここでは割愛します。

・アドセンスの審査通過

アドセンスというのはgoogle アドセンスと言ってクリック型収入の広告のことです。ブログを始める人の登竜門としてまずはアドセンス通過と一つのハードルがありますが、審査通過させるのが困難です。アドセンスを通すのに色々決まりがあり、また記事も1500文字を10記事くらい必要になります。ネット情報では3~5記事などとかいてあることありますが10記事が無難ではないでしょうか。

・ネタがない

アドセンス通過を目指すのであれば、やはり10記事書くことが目安になりますが2~3個のカテゴリーで10記事書くのって非常に難しかったです。特に僕はこのブログ読んでわかるように残念ながら文才がありあません。なので記事を書くこと自体が大変でした。

4.それでも会社員はブログアフィリエイトが良いと思います。

会社員になるとPCスキルもありますし、ビジネスメールや資料を作成したりするので文章力もあります。そして細かいことを調べて実戦するということができます。これはブログアフィリエイトをやるのに十分なスキルと考えます。

5.まとめ

今在宅ワークで以前より時間を持て余していたり、上司の目を気にせず作業できる時間があるからこそ、自分の稼ぐ土俵を作れるチャンスだとおもいます。この先コロナの影響で飲食業やイベント業に関わらず様々な業種が痛手を負うのがわかっているので、まだ安定している会社にいる今だからこそ胡坐をかかず自ら稼ぐ複数の収入源を構築するのが良いのではと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました